8音楽・楽器をやりがち

Pocket

HSPHSSさん、とにかく音楽に関わっている率がものすごーく高い。

  • オーケストラにいて、バイオリンが弾ける。
  • ピアノを習っている。(習っていた)
  • バンドを組んでいて、ライブをしたことがある。
  • 複数の楽器ができるため、ギターもドラムもボーカルもできる。
  • 音楽を作る仕事をしている。
  • 家族がそもそも音楽一家である。(きっと他にもHSPがいるのでしょう)

こんな方が実にたくさんいます。

かくいうわたしも、小学5年生で金管バンドに入り、2年間アルトホルンという金管楽器を担当。

そのまま中高一貫校で5年間吹奏楽部を務め、今度はホルンパートを担当しました。

ちなみにそのホルンパートは7割くらいがHSPHSSで構成されており、吹奏楽1HSP率が高いパートでした。

中音楽器で、ガンガン目立つよりも裏メロやハーモニーを楽しむ楽器なので、空気が読める癒し系の人ばかりでキャラが出ますね。

音楽が好きな人って、いったんやめてもやはりどこかやりたい気持ちを持っているものなので、だいたい人生の間中関わり続けます。

あなたがもし音楽好きで、おなじHSPHSSの仲間に出会いたかったら、ぜひ音楽の練習や社会人サークル、コミュニティなどに参加してみては?(笑)

オーケストラ、吹奏楽部、金管バンド、コーラスなどに、ほんっとうにHSPHSSの方が多いのです。

きっと、たっくさんの仲間に出会えることでしょう。

 

The following two tabs change content below.

なお

世界をエネルギーで満たす人。HSP才能開発サポーター。HSPカウンセラー兼コラムニスト。中高一貫から慶應という何不自由ない経歴で生きてきたが、社会人になってなにをしても体調を崩すようになる。ブラック会社をやめてうつ状態のどん底に陥るも、どうせこれ以上落ちないならと捨て身で、好きだった撮影を仕事にする。全国150人の撮影サークル事業に。その後も2年以上もがく中自分はHSPであると気づき、気づいた直後からおなじHSPの人の力になりたいと発信やインタビュー活動を始める。HSPの幸せに生きる方法の本出版に向け、コラム執筆、ライフインタビュー、コミュニティ開発、その他仕組みづくりとマルチに活動。「好き」を生きるフリーランス女子会の創設者。東京から福岡への移住者&2拠点ライフ。次はハワイとの2拠点。ブログと本、撮影、新しいことが好き。0⇨1の立ち上げのプロ。一緒に夢を叶えていくブログスポンサー様若干名募集中。 スポンサーはHSPマーケターのワヲンさん(@wawon_hinan)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です