インド滞在記【インターンとゼミで人生2回行った】

SHARE

インド滞在記【インターンとゼミで人生2回行った】

Pocket

こんにちはなおです。

16カ国も行ったのに、そのことを全然シェアしていないあなと思いつきました。

世界ってこんな感じだよ!というのを、写真満載で紹介していきたいと思います。

インドは人生初海外の高2で行ったニュージーランド以来2つ目の国です。

大学1年夏のインターンシップと、大学3年のゼミのフィールドワーク先がたまたまインドに決まったため2回もいくこととなりました。(笑)

1年のときの写真はスマホがなんども変わってもう残っていないため、3年のゼミ写真でお送りします。

インド滞在記

滞在中は、インドの甘いミルクティー、チャイがどうしてペットボトル化しないのか?できるのか?という真面目なトピックについて調べていました。

たぶん2週間あるかないかくらいの滞在だったと思います。

でもそんなことは無視して真面目じゃない紹介します。

インドに行った時期と経緯

1回目:大学1年夏、アイセックという国際団体のインターンで行きました。

インターンしたいためにこの団体に入り、最低6週間いないと認められないため、6週間もいました。

英語もさほど話せず、なんにも貢献できず、一人旅だけができるようになって帰国します。

このときの悔しさのような感情から、このあと14カ国行きまくり、ほんの少しずつしゃべれるようになります。

2回目:ゼミが新興国のゼミであり、たしかタイかインドかみたいな話になっていて結果的にインドになりました。

おなじことを調べている班員のうち唯一わたししか現地に行けなかったため、やるしかないじゃん…もうなんなんだよ…というどうしようもない気持ちで行った覚えがあります。

結果的には先生や同期、先輩がたくさん力を貸してくださり、実りの多い滞在になりました。

インド事情

単位:ルピー

1ルピー1.61円らしいので、だいたい1.5倍くらいで計算するといいですね。

値段事情:安いです。水50円とかチャイ20円とか、ごはん100円ちょいとかくらいだった気がします。

ただし、たしか海外飲食店(ケンタッキーとか)は日本より高かったような覚えがあります。

治安事情:よくはないです。ぼってくるので、平均額を知っておいてこれくらいよ!と言わないとぼられます。

客引きがさんざん声をかけてきます。夜に1人で出歩くのはおすすめしません。

でも逆に言うとそれくらいで、人にさえ気をつけていて、1人にならなければふつうにごはんなどしている限りは大丈夫です。

持ち物も目の届くところに身につけましょう。

インドのデリー雑記

現地のホテルに何時までに集合!という先生の奔放なルールで始まりましたw。

各自ビザを取ってフライトスケジュールを埋めて共有し、と準備がものすごく大変でした。

ビザは当時と変わってなければよく突き返されて厳しいので、くれぐれも超余裕を持って取得しましょうね。

人が多くて多くてごみごみしているインド。

中心地デリーはどこも混んでいて、人だらけです。

インドっぽいご飯ならこんなの。でもこれは高級料理店くらいの扱いで、現地ローカルは水みたいなカレーとチャパティという質素なナンみたいなものです。

ヤクルト工場の日本人の方がものすごく親切で、英語で書いたメールが日本語で返ってきてアポが取れてしまい見学させてもらいました。

ゼミの夕食のお店を予約するのに、電話がつながらず現地の人に声かけてやってもらったりとけっこう奮闘しました。

典型的なホテルは500円くらいで、硬いベットと天井のファンがあるスタイルです。まあ許せるくらい。(写真撮っておけばよかった)

わんちゃんは暑いので昼間はぐったりしています。

現地調査中。

こんなところで、チャイ屋さんやお客さんに聞き取り調査をしていました。

サムソンとかレノボとか見えますね。家電はたくさん進出しています。

こんなような個人店が道の片隅に無限にあり、

これがあの、チャイです。

砂糖とミルクで煮出した紅茶で、それのみのものとスパイス入りがあり、店によりけり。

わたしはスパイスなしのほうがくせがなく好きです。

おなじく多いのがラッシー(ヨーグルトドリンンク)屋さん。

作ってます。

土器に入れて出してくれますね。飲み終わったらそのへんの穴とかに割って捨てる(自然に還る)スタイルです。

ラッシーもチャイも純粋においしくて滞在中よく飲みました。

ただし、ラッシーとかはおなかの弱い人だとすぐ当たりますw

インドでは鶏肉が多いです。牛がヒンドゥー教は食べず、豚はイスラム教が食べないのであまり見かけず、残りは鶏肉という感じ。

ヤクルトは変わらない味でした。

駅。

こんなようなおしゃれでおいしいカフェもふつうにあります。

スタバはきれいです。

現地スーパー。

刺激がほしければインドへ

刺激の欲しい方はぜひインドへ行ってみてください。

日本では信じがたいほど熱気があり人が多く、話しかけられまくり、いろいろいわゆるカルチャーショックだと思います。

初めての時はぼられたり、水かぬるまゆくらいしか出ないシャワー、停電、ネットが切れるなどいろいろありました。

このぐちゃぐちゃな感じ全部がインド。

行くと人生変わると言われますが、人生は変わらなかったけど寛容になりました。

あと、折れるとやばいことになるのでガッツがつきました。

もう行きはしないけど嫌いではないです。(笑)

じゃあまた。

HSP才能開発サポーターなお

The following two tabs change content below.
なお

なお

【あなたの才能と本質と進むべき方向性を一瞬で見抜き、ライフワークとソウルメイトへの出会いを最短最速にし、幸せへ一気にガイドします。】 会ったらたった1回で人生急回転で変わるので、覚悟してきてくださいね♡ 最初の1回で本来のライフワークを定義し、本来のルートに飛ばします。 もう今こそ転機だ、飛び立ちたい!という方どうぞ。 【ちなみに、わたしと会ったリア友は全員ほぼ1年以内に転職か独立か異動。本来のライフワークの道を生き始め、若干27歳の周りにして皆全員自分のソウルメイトと繋がっています。→ソウルメイトに出会えるのは、その人本来の幸せな人生を歩いている証拠です。】 【経歴】 パズルを自ら3つ混ぜてやるような子供で、①人の魂の方向性(要するにライフワーク)②ソウルメイト同士にしか見られない「顔や文章、経歴、仕事などの完全一致」が一瞬で見えると気付いた最近、それは「組み合わせ」「形」を全て見抜く素質だったと気づきました...! 生まれつき勉強が大好きで向いていたため、中高一貫校の硬い都内女子高を卒業後、私大進学という何不自由ない経歴で生きてきました。しかし社会人になってなにをしても体調を崩すように。ブラック会社をやめてうつ状態のどん底に陥るも、どうせこれ以上落ちないならと捨て身で、好きだった撮影を仕事に。全国150人の撮影サークル事業に。その後も2年以上もがく中自分はHSPであると気づき、気づいた直後からおなじHSPの人の力になりたいと発信やインタビュー活動を始める。カウンセラー、コラム執筆、ライフインタビュー、コミュニティ開発、その他仕組みづくりとマルチに活動をしてきた。その間で「好き」を生きるフリーランス女子会の創設者。日本で1冊目のHSPHSS本、「HSPHSSあるある50選」等アマゾンで好評発売中。元、東京から福岡への移住者&2拠点ライフ。1年で移住に満足し埼玉東京に戻る。 【現在】その後HSPよりもっと広い世界で活動がしたくなり、ホロスコープやエネルギー、魂の方向性を見ながら「この方向にしかならない」とガンガンアドバイスする今のスタイルに至ります。聞いた方は本来の自分の姿を見ることになるのでほっとして喜び、目が輝きます。人は本質と合っていないこと、本質と合っていない相手とはどんな方であろうと続けることができません。その意味で何十年も無駄に過ごすことなく、最短最速であなたのライフワークとソウルメイトに出会って欲しい。そのためのあなたの本質を1回で読み解きます。私はあなたが何を話すかにかかわらず、最初からあなたの魂しか見ていません。同時通訳で本音が聞こえています。ですから本当に合っているものだけの方向にガイドします。あなたはあなたが思っている100倍すごいので、想像を超える未来のシナリオを伝えます。自身も周りのスピリチュアル・ビジネスそれぞれのガイドたちのおかげであっさり会社員時代の収入を超えたので、ライフワークで幸せに豊かに生きられるよ!とそういう人の輩出に向けて動いています。人を見守ることがもはや趣味ですw 好きなものは投資、国際経済、アドバイス、ソウルメイトを繋ぐこと、合いそうな人を繋ぐこと、インタビュー、海外旅行、おいしい海外系のレストランに行くこと、読書、いい音、花束、5つ星ホテル。 【未来】未来が見えるマイガイドによると将来は文筆業で青い海の見える場所にいる。大好きな方たちとある国でリーダー輩出のプロジェクトで働いているそうです。日本と縁が薄めですw知的好奇心を満たすことと世界中をこの目で見て感じること、人が魂に戻りどんどん美しく幸せになっていく様を見守ることが生き甲斐です。世界中の全ての人がライフワークとソウルメイトに出会い、幸せとエネルギーが行き交っている世界を作りたいです。将来は事業と投資両方ができる幸せで豊かな女性を育成する財団と、生涯学習ができ自分の「好き」と「一生の仲間」に出会える学校を作ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です