kindleで目が疲れるを解消して快適読書。ペーパーホワイトを買った話

SHARE

kindleで目が疲れるを解消して快適読書。ペーパーホワイトを買った話

Pocket

こんにちはなおです。

おうち時間が多いこともあって、いつもよりさらにキンドルで死ぬほど毎日本を読んでいるのですが、

楽しいけど、目が疲れる、心臓が痛くなる

どうにかならないかな、と常日頃思っていたら、

親友ほのちゃんの、「これ全然疲れないよ!紙の本っぽく読める!私なおちゃんより電磁波とかブルーライトもっと敏感だから、これがいい

的なお言葉を聞いて、キンドルペーパーホワイト買いました。(軽くて薄い端末です。)

あーーーー快適、

何時間読んでも心臓痛くならない、目も疲れない

ヘビーな国際経済本を毎日不快感なく完読できるように。

疲れ目さん、ドライアイさん、電磁波やブルーライトが苦手さん、わたしみたく心臓が痛くなる方、できるだけスマホ見たくない方、脳が疲れる方、長時間読みたい方。ようは読書家のHSPさん全般。

おすすめなので、レビューします。

kindleで目が疲れるを解消して快適読書。ペーパーホワイトを買った話

手のひらサイズのこいつ。

小さくてスリムだけど頼れます。

よかった点

基本とても良かったです。

①読書がとにかく快適。ずっと読んでる

見た目が紙の本てきな感じに勝手にしてくれるので、紙の本を重いなと思いながら買わなくてもこれ1つだけ持ち込めばよくなりました。

だいたい毎日一日中読んでいますが、疲れません。快適。

文字の大きさや画面の明るさなども好きにいじれるので、わたしは文字は標準かやや小さいくらい、(この半分〜倍くらいの大きさまでなります。)

明るさはまぶしいのがいやなので暗めにしています。

これにしてから、スマホとかの電子の文字で読むって死ぬほど疲れる作業だったんだなとよくわかりました。

たまにスマホでも見ようとするけどうってなってすぐ閉じますw

②見た目:予想より小さく軽い。カバンが重くならない

 

端末って大きくて重いんじゃないのかなあ..これ以上カバン重くなるのやだなあ..と思ってたけど想像以上の軽さと小ささでした。

わたしの手とちょうどおなじ直径、

来た時ちいさ!って思いました笑

真ん中のが端末なので(左は保護フィルム)、本のハードカバーと同じくらいの大きさです。

指より薄く、スマホよりも薄いです。とても軽く、力のないわたしでも読書中指や腕も快適です。

たくさんの本たちといっしょにカバンに入れていると、むしろどこ?ってなりますw

③設定めちゃ簡単

設定がむずくないか不安だったのですが、パソコンかスマホのアマゾンアカウントとひもづけるために、表示された番号を入力する、くらいだった気がします。

最初から設定が半分終わった状態で届くので、ひもづけだけやる感じです。

そのあとはすぐ本をたくさんダウンロードして、スマホで読んでいた通りと同じ読書ができました。

ちなみにわたしはキンドルのページ342ページ(1ページ6冊。つまり2000冊)入っているけど、まだまだ容量余裕みたいです。

まだ1割も使ってなかったような。

④充電すごい持つ

充電が減らないですねw

スマホだとガンガン減りますが、こっちは減らないw

スマホの感覚でちょくちょく充電しちゃうからか、全然危機になったことがありませんw

白黒だけってのがすごいセーブされてるんだろうなあ。

⑤スマホよりダウンロードはやい

たぶん、スマホよりダウンロードが早いです。

うちのあまり強くないワイファイでもがんばってけっこうはやく入れてくれるのでおーすげーと助かってます。

(こんなふうに、家とかカフェとかワイファイ環境あるところで何冊も入れておいて、他で読書ってスタイルです。)

一気に5冊とかしょっちゅういれるけど、なかなか快適です。

もうちょいがんばってほしい点

今後の開発に期待する点は以下です。

①固まらないで欲しい(ただしスマホはもっと固まりますw)

たぶん、紙の本っぽく変換するのがすごい重いらしく、

たまに固まります。1日1回くらい。

ただ、わたしはスマホのキンドルで読んでいる時1日になんどもなんども固まってアプリ閉じてを繰り返していたので、それよりはじゃっかんましです。

一度に5冊とか入れようとしたり、ボタンを何回も素早く操作するとなる気がします。

固まったら再起動で復活です。

②白黒しか読めない

これ、白黒しか読めないですよね…?

ガイドブックや雑誌とかもキンドルでよく読むので、

自然と、文字=ペーパーホワイト、

カラーのガイドと雑誌=スマホのキンドル

って読み分けるようになりました。

③長押しすると白黒反転するのやめてほしい

ページをめくる時とかに、一瞬押せばいいけど、

たまに長めに押した時画面の白黒が一瞬反転します。

うっとうしいのでこれやめてほしい。図があるページだとなる気がします。

基本文字だと思うので、読書に支障はまったくないです。

快適に読書する必要最小限の環境を整備した、読書家の心強い友達

まとめると、ペーパーホワイトって、快適に読書するためだけに作られた過不足のない優秀ツールって感じです笑

これで買った時(4月末か5月頭くらい)1.9万くらいだったので、今月で1番いい投資をしました。

わたしが使っているのは32ギガ、広告なし、アンリミテッドなし(もう入ってるので)プランです。

広告はうっとうしいのでなしのほうがよく、読書家の人は容量おなじく32の最大がいいと思います。さほど値段かわらぬので。

リンクから飛んで選べます。

読書家の方は買いだと思います。

少なくとも、毎日5分とかならスマホでもいいかもだけど、1時間以上に渡って読書する方は、疲れ具合がまったく違うのでこっち買ったほうがいいです。

(ちなみに一緒に買ったほうがいいのは、1000円くらいの保護フィルム。あとは必要に応じてケースです。)

(ちなみに買ったケースは、本体が重くなるのがいやだったので、しまう式のやつです。メジャーなのはつける方だと思う笑 重くなりたくない方と皮が好きな人はおすすめ。)

では、あなたもこの子と、目や脳の疲れから解放されて、快適な読書タイム、おうち時間を。

これを書いたのでわたしはまた国際政治の読書の続きに戻ります。

じゃあまた。

HSP才能開発サポーターなお

The following two tabs change content below.
なお

なお

世界をエネルギーで満たす人。人の才能開発が大好きで、HSP才能開発サポーター・才能金脈リーディングの創始者の2軸で活動する。人の幸せな成功シナリオを見てこんなふうになりますよと伝えるのが好き。中高一貫校の硬い都内女子高を卒業後、私大進学という何不自由ない経歴で生きてきたが、社会人になってなにをしても体調を崩すようになる。ブラック会社をやめてうつ状態のどん底に陥るも、どうせこれ以上落ちないならと捨て身で、好きだった撮影を仕事にする。全国150人の撮影サークル事業に。その後も2年以上もがく中自分はHSPであると気づき、気づいた直後からおなじHSPの人の力になりたいと発信やインタビュー活動を始める。HSPの幸せに生きる方法の本出版に向け、コラム執筆、ライフインタビュー、コミュニティ開発、その他仕組みづくりとマルチに活動をしてきた。その間で「好き」を生きるフリーランス女子会の創設者。日本で1冊目のHSPHSS本、「HSPHSSあるある50選」等アマゾンで好評発売中。元、東京から福岡への移住者&2拠点ライフ。現在は埼玉東京に戻り、ここにいたんだろうなあと思う過去世でいた場所への旅を毎月実験中。世界の楽園をたくさん見つけたい。大量の本、セミナー、学ぶこと、好きなものをおすすめすること、いいお店を見つけて連れて行くこと、国際経済、海外、スピリチュアル、海、島、花、動物、撮影、いい音、ホテルラウンジ、のんびりすることが好き。よく島にいます。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です