本を速く読む8つの方法【年間300冊読者の直伝】

SHARE

本を速く読む8つの方法【年間300冊読者の直伝】

Pocket

こんにちはなおです。

本が大好きで中3くらいから年数百冊ずつ読み続けています。

今またたくさんの本を読み漁っているのですが、そうすると

「どうしてそんなに(速く・たくさん)読めるんですか?」

という質問がたくさん届きました。

そこで、本を読むのが遅い人の読み方と速くたくさん読んでいる人の読み方を比べながら、

本を速く読んで、楽しく知識をどんどん吸収していける読書ライフへの道を紹介します。

本を速くたくさん読む方法まとめ

本を速く読むためには、まずあなたにとって本当に合った、わくわくする本を読むということが1番大事です。

好きな本なら夜通しでも読んでいる子供みたいに、好きなものならおのずと読むのも速くなるからです。

それと同時に本代を節約して好きなだけ読みまくる方法や、速く読める読み方的な面も書いていきます。

①好きな本を見つける精度をあげる

本を読むのが速い人と遅い人の差は、まず好きな本を見つけるスピードにあります。

本が好きならいつも本屋、アマゾン、ネットその他興味のあるものを見たとき、次はこんな本を読もう!というアンテナをつねに張っています。

こうして本好きは本との接触回数がふつうの人の何倍も多いので、おのずと自分の好き・興味にぴたりとあった本を見つけるのがうまいです。

(対して読書に苦手意識のある人は、いくら本屋を回ってもどれがいいか…?という感じです。

だから読んでもぴんとこないため挫折しがちです。)

 

本好きな人のようになるためには、まず自分が居心地良く感じる本屋・図書館、アマゾンなどなんでもよいので、好きな本・なんか読んでみたい本を見つけまくってください。

読みきれなくても、途中で何冊やめても全然よいので、まずはアンテナを研ぎ澄ませましょう!

アマゾンは好みを分析して次から次へといい本をすすめてくれるので、それにのるのはとってもおすすめです!

わたしも最初はどんな本が好きなのかまったくわからなかったので、中学生の当時図書館で借りまくっていて、だんだん好みの小説を見つけるのがうまくなりました。

②本代を気にせずわくわくを追求しよう

本を読む動機は、ほとんどの場合、なにかの感情や知識を得たいからだと思います。

そのわくわくにしたがって、好きな本を好きなだけ読む行為は楽しいものです。

ですが、ここでわたしたちの多くが気にするのが本代。

1冊1400円くらいするので、買い漁ったらすぐ何万になります。

実際本気で買い漁ったらたぶん月10万くらいいくし、今は月5、6万円分は試してみていると思います。

本好きが使いまくっている毎月うん万円の節約方法が、アマゾンのKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)という読み放題サービスです。

わたしはこれのおかげで、月額5、6万の本代が毎月980円で読み放題のおかげで2万くらいにできています。

980円なので、毎月ビジネス書か雑誌をたった1冊読めば元が取れます。

このキンドルアンリミテッドの中から3万分くらい本や雑誌を読み漁りまくっており、知っているだけで読書家の友人6人が利用しています。

逆に言うと、たくさん買う人なのに入っていないと、人気の本や雑誌もたくさん読み放題になっているので、毎月1万くらい損ということもありえます。

Kindle Unlimitedは30日間無料体験をやっているので、本代を気にせず読み漁れるのがどれだけ楽しいか、ぜひ試してみてください。

③つまらないところを飛ばす・読むのをやめるを徹底

本を読むのが遅い人は、例外なく、ゼロから100まですべて読もうとしています。最初から最後までくまなくという感じです。

姿勢は素晴らしいのですが、あなたと本を書いた著者は違う人間です。

つまらない本でも読みきらなきゃもったいないみたいな心が、読書に挫折する最大の原因です。

そのつまらない本を我慢して読んだ無駄な時間と気持ちを考えたら、そんな本さっさと閉じて、次のあなたにとって超面白い本を探したほうがいいです。

作者とあなたは違う人間なので、どんな本でも、どうしても自分にはぴんとこないところや、自分的にここはどうでもいいというところがあります。

そういうとき、本を読みなれている人ほど遠慮なく飛ばしますし、この本は違うやと思ったら遠慮なくやめます。

どうでもいいところや興味の持てないところは遠慮なくとばしまくってください!

それは今のあなたの学びたいことではありませんから。

わたしも、本をめっちゃ試し読みするしめっちゃ買いますが、それでも読み切るのは3割〜半分あるかないかくらいです。

ひとつでも学べたらラッキーくらいの気持ちで読むといいかと思います。

④じっくり1冊よりさっさと10冊のほうが学び大

②と関連するのですが、読むのが遅い人は1冊に期待しすぎです。

その買った1冊から学ぼうとするあまり、気持ちが大きくてペースが遅くなり挫折します。

なにかの分野を学びたいと思ったとき、1冊読むより10冊くらい買ってざーーーっと読んだほうが、共通点が真理なので本質がすぐわかります。

本はつねに自分のできるマッハくらいのペースで読んだほうが、自分も気持ち良くなって気が乗ってきます。

(じっくり読みたい小説とかは例外ですが!)

あれ?わたしけっこう読むの速いじゃん?って思えるくらいのペースでかっとばして読んでみてください。

強調されているとこは頭に残るし、ちょっとでも速く読めるようになると読書が楽しくなってきます。

⑤つねに10冊くらい手元にあるほうが、気分とマッチしたものがあって速く読める

本を速く読みたい方は、本をまずたくさん買うか借りてください。

1冊を読み切るまで次に行かない方針だと、義務化して楽しくなくなります。

手元にいろんな本がいつもあって、そのときの気分に合わせて読み漁れる状態が、ストレスなく1番楽しめるかと思います。

結果的に読み終わるのも速くなり、あれも読み終えた、これも読み終えたという感じになります。

本を読み始めた当初からこういう読み方で、本が少ないとちょうどいいのがなくて落ち着きません。

読書家の人はだいたいこんなふうな乱読家(1度に何冊もザバザバ読む人)です。

まだ好きなジャンルとか定まってないなあ、なんでも興味ある、という方ならたとえば、ミステリー、恋愛もの、ビジネス書、啓発書みたくいろいろ手元にあれば面白いかと思います。

⑥キンドルの活用。読みやすいし安くなる

本はぜひ、できるだけキンドルで買ってください!

だいたい紙の本より安くなっているし、半額なんてものもあります。

また本を持ち歩くと重いけど、キンドルはスマホに無料アプリを入れるだけなので、キンドル内で無限に持ち歩けます。

もともとは紙で読みたい派だったのですが、すぐ家がいっぱいになるし受け取るのもめんどくなり、今ではほぼ全部キンドルです。

キンドルのほうが面積が小さいからか、なれているスマホの動作だからか、紙で読むよりすぐ読み終わります。(笑)

⑦好きな本・人から芋づる式に見つけよう

あなたにとってわくわくする本の簡単なみつけ方です。

この本めっちゃ面白い!共感できる!この作者さんが大好き!という方が本の中や参考文献にあげている本を次に買いあさりましょう。

すごい人のおすすめはすごいものしか出てきません。

とくに、文章中にこれがおすすめ!と出てくるやつ。当たりだらけでウハウハします。

まさに芋づる式に読みたい本が見つかり、こうやっているとどんどんその分野に詳しくなっていけます。

ちなみによくすごいと思っている起業家さん・ブロガーさんのおすすめ本とかも買いますが、すごい人のおすすめはほんとはずれないです。

⑧電車、昼休み、寝る前。あなたの空き時間に本を習慣に

本をいつ読めばいいのだろう…。という悩みをよく聞きます。

現代人は忙しいので、新たに本を読む時間を作るのってけっこう難しい人が多いのかなと。

そうであれば、すでにある余白の時間に本を入れましょう。

電車は最適です。混んでいてもスマホでキンドルくらいなら読めることが多いかと思います。

5分でも10分でもパラパラできるようになると、ぼうっとして過ごすのがもったいなくなってきます。

人によっては昼休みの余った時間や、夜寝る前などもいいでしょう。

中学高校が電車1時間ほどあったので、つねに本読むか暗記ものをやっていました。

今も15分ほど電車に乗ることが多いので格好の読書の時間だし、昼休みも寝る前もブログで疲れたときもずっと読んでいます。

欲求のままに本を読もう。気づいたら読書家

結論、好きな本をたくさん見つけて好きなだけ読んでください。

わくわくしながら読んでいるうちにどんどん速く読めるようになってくるし、

本って違う本でもおなじことめちゃくちゃ言ってるので(とくにビジネス書や啓発書)、ある程度読むと知ってることだらけになります。

そうやって知識の土台ができていってますます知りたいことが増え、知っていけば行くほどまた知りたいことが増える…という。

果てしない知識を追求していくことは、毎日ドキドキして楽しいですよ。

 

そして、本で読んだ例えとかをさらっと人に話すと、説得力が増すし、へぇー!すごい!と喜んでもらえて嬉しくなります。

そんなふうに、読書すると人に還元できるものまで増えます。

以下まとめです!

  1. 好きな本を見つける精度をあげる
    (まずは興味のある本をかたっぱしから)
  2. 本代を気にせずわくわくを追求しよう
    (Kindle Unlimitedで好きなだけ読む世界を無料体験しよう!)
  3. つまらないところを飛ばす・読むのをやめるを徹底
  4. じっくり1冊よりさっさと10冊のほうが学び大
  5. つねに10冊くらい手元にあるほうが、気分とマッチしたものがあって速く読める
  6. キンドルの活用。読みやすいし安くなる
  7. 好きな本・人から芋づる式に見つけよう
  8. 電車、昼休み、寝る前。あなたの空き時間に本を習慣に

 

じゃあまた。

HSP才能開発サポーターなお

The following two tabs change content below.

なお

世界をエネルギーで満たす人。HSP才能開発サポーター。HSPカウンセラー兼コラムニスト。中高一貫から慶應という何不自由ない経歴で生きてきたが、社会人になってなにをしても体調を崩すようになる。ブラック会社をやめてうつ状態のどん底に陥るも、どうせこれ以上落ちないならと捨て身で、好きだった撮影を仕事にする。全国150人の撮影サークル事業に。その後も2年以上もがく中自分はHSPであると気づき、気づいた直後からおなじHSPの人の力になりたいと発信やインタビュー活動を始める。HSPの幸せに生きる方法の本出版に向け、コラム執筆、ライフインタビュー、コミュニティ開発、その他仕組みづくりとマルチに活動。「好き」を生きるフリーランス女子会の創設者。東京から福岡への移住者&2拠点ライフ。次はハワイとの2拠点。ブログと本、撮影、新しいことが好き。0⇨1の立ち上げのプロ。一緒に夢を叶えていくブログスポンサー様若干名募集中。 スポンサーはHSPマーケターのワヲンさん(@wawon_hinan)
HSPさんを対象に、HSPさん専門電話相談を行っているので、相談したい!聞いてほしい!という方はぜひいらしてください。通話で行っているため、全国どこからでも可能です。 おなじHSPのカウンセラーにいつでも相談できる・話せる場所としてお気軽にご利用ください。 HSPさん専門、電話カウンセリング【全国どこでもOK!悩みを解決して幸せに生きよう】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です