【HSP、くよくよ悩んでしまう】のは、あなたが真剣に生きている証拠

SHARE

【HSP、くよくよ悩んでしまう】のは、あなたが真剣に生きている証拠

Pocket

こんにちはなおです。

こんなことをやりたいけど、うまくいかなかったらどうしよう。

批判されたらどうしよう。

途中で生計が立たなくなったらどうしよう。

なにかにチャレンジするとき、悩みや恐怖はつきものですよね。

とくにHSPの場合、脳の行動抑制システムが人より強く働きます。

そのために、新しいことへの抵抗感を強く抱く傾向にあります。

でもそれって、果たしてだめな感情?いいえ、そんなことないよ!といろんなHSPさんと話して思ったので書いていきます。

悩みは真剣に考えた人しか抱けない感情

悩みとはそもそも、あなたが強く関心を抱いていることにしか起こらない感情です。

会社での仕事のことを真剣に考えているから、職場環境や人間関係のことで悩みます。

あなたにとって大切な相手だから、相手の一言一言の意味をつい考えます。

たとえあなたにとって嫌いな相手だとしても、その人のことを考えるということは、あなたにとって感情の多くを占めているということです。

逆に、たとえばわたしはテレビに全く興味がなく、家にもないので、「テレビを見すぎてほかのことができない。どうしよう。」という悩みとは無縁です。

でもこれは、テレビが好きでしょうがない人なら、きっと1度は悩むことです。

あとは、濃いメイクに興味がまったくないので、「メイクがくずれたらどうしよう。」という悩みもありません。

これも、メイクが大好きでこだわりがある人にとっては、大問題のはずです。

こんなふうに、あなたが悩みを抱くのは、「そのことに興味・関心があり、真剣に考えている場合」のみです。

本気でどうでもいい相手、どうでもいいことの場合、悩みという感情は起こらないし、多くの場合はそのことを思い出すことすらないでしょう。

悩んだ数だけ、人生を真剣に生きた証拠

そんなふうに考えていくと、悩んでいる人というのは人生を真剣に生きている人です。

テキトーでいいと思っている人は悩みません。

悩むってなにかとつらいし、抜け出したくて救われたくてたまらないですよね。

でも、つらいからと言ってマイナスのことばかりではないんです。

悩み抜いて答えを出すと、晴れ晴れしたいい気分になります。

悩んでいることをまわりに話したら、おなじことで悩んでいる人の共感を得るかもしれません。

その人が、自分だけじゃないんだなとちょっと救われるかもしれません。

深く悩んだ経験は、そのときに感じられなくても、あとから生きてきますし、あなたをどんどん深みのある温かい人間にしてくれます。

悩んでいるときは、真剣に生きている自分を褒めてあげて

悩んでいるときは、悩んでいる自分に気づいて、ほめてあげてください。

あなたが真剣に生き、問題と真正面から向き合っている証拠です。

いくら考えても答えが出なくても、何ヶ月、何年と悩んでも、そういう自分をほめてあげてください。

途中で投げ出したり逃げたりしても、それはそれで、自分の心の重荷を下ろす行動をした自分をほめてください。

悩んでいることに対して「こんなことで…」と罪悪感を抱いたり、自分を責めないでください。

真剣に生きていることは、それだけであなたの魅力です。

真剣に歌っていないアーティストのライブを見たい人はいないでしょう。

真剣に聞いていない面接官に話したい人もいないでしょう。

真剣に走っていないスポーツ選手を、応援したくならないと思います。

そして、真剣になにかに取り組んでいる人を見て、感動したことは、だれにでも1度はあるははずです。

真剣さは、結果に関係なく、それだけで人の心を打つんです。

あなたも、それと同じことを、日々しているんです。

自分の子が徒競走で一生懸命走って、ビリだったとしても、がんばった姿はちゃんと響いてきますよね。

そういうことなんです。

今日もたくさん悩んで真剣に生きたあなたを、自分でもほめてあげてください。

(悩んだときにぐるぐるした思考を止める具体的な方法は、↓この記事に書いています。)

HSPの悪いことを考え続けることを止める方法「まあいっか。」

じゃあまた。

HSP才能開発サポーターなお

The following two tabs change content below.

なお

世界をエネルギーで満たす人。HSP才能開発サポーター。HSPカウンセラー兼コラムニスト。中高一貫から慶應という何不自由ない経歴で生きてきたが、社会人になってなにをしても体調を崩すようになる。ブラック会社をやめてうつ状態のどん底に陥るも、どうせこれ以上落ちないならと捨て身で、好きだった撮影を仕事にする。全国150人の撮影サークル事業に。その後も2年以上もがく中自分はHSPであると気づき、気づいた直後からおなじHSPの人の力になりたいと発信やインタビュー活動を始める。HSPの幸せに生きる方法の本出版に向け、コラム執筆、ライフインタビュー、コミュニティ開発、その他仕組みづくりとマルチに活動。「好き」を生きるフリーランス女子会の創設者。東京から福岡への移住者&2拠点ライフ。次はハワイとの2拠点。ブログと本、撮影、新しいことが好き。0⇨1の立ち上げのプロ。一緒に夢を叶えていくブログスポンサー様若干名募集中。 スポンサーはHSPマーケターのワヲンさん(@wawon_hinan)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です