ホットヨガの体験に汗をかかない体質のわたしが行った感想

SHARE

ホットヨガの体験に汗をかかない体質のわたしが行った感想

Pocket

こんにちはなおです。

うちは姉妹揃って運動神経がよくないのですが(笑)、妹がホットヨガLAVAに通い始めました。

友人でも通っている人が多く、やっぱり働く女性には手軽に通えて人気みたいです。

とくに運動神経に関係もなく、一汗かいてリフレッシュしたい時におすすめのヨガ。

代謝が低めで汗をかかないと評判のわたしが行ったらどうなるのかな?と行った体験談を紹介します。

(さっそくLAVAを体験してみたい方はこちらからどうぞ。《ダイエットいらず》のカラダへ。

ホットヨガの体験に汗をかかない体質のわたしが行った感想

結論、5分で汗をかき始め、他の方とおなじように汗びっしょりになりながら体をそらしました。(笑)

こんなに汗かいたの人生初めてじゃない?というくらいです。ちょっと大丈夫か自分って思いました。(大丈夫)

①体が硬いのはまあ問題なかった、最初はみんな硬い

体験をするときに、自分だけ曲がらなくて恥ずかしくないだろうかと思っていました。

みなさんすっごくしなやかに曲がるので、わたしは…という気もしましたが、だれでも最初は未経験なんだしこんなもんかなと。

最初に、体硬くても大丈夫ですか?と聞いたら、先生に気にせず気持ちよく伸ばしてくださいねーと言っていただきました。

教室ではホットヨガは時間内に様々なポーズを取るため、みんな自分の体に集中しています。

同じ空間に大勢いるけど、他人のことは気にしていないなあと安心できました。

②暑い。だれでも汗かく。ひたすら喉が乾く

ホットヨガのスタジオ内は温度を高く設定されていて、暑いです。

暑い中動くので汗がぼたぼた落ちます。

真夏の体育であまり汗をかかず、周りから心配されるくらい汗をかかないわたしでしたが、あーこれは汗かくわ。

強制的に身体中から発汗します。

自分ってこんなに汗出せるのねと思います。

水を1リットルは持ってきてねと言われているので、持ってきたペットボトルをごくごく飲みます。

次に水を飲んでいいよと言われるまでの時間が待ち遠しくて、水..!水….!と脳内で言葉が飛び交います。

③来るのは働き盛りの女性が大多数。

ホットヨガにきているのはほとんど、働き盛りの女性です。

20代から50代くらいが多いです。

わたしが体験に行ったのは夜だったので、会社帰りにさっと寄りました!という感じの方で満員でした。

ロッカー室に終わって着替える女性がいっぱいで、うわ、こんなにそもそもうちの駅あたりに女性がいたんだ、ということに驚きました。

みなさんさっとシャワーをあびてさっと着替えて怒涛のように帰って行きました。

回を重ねるとこんなふうにルーティンになるんだなとしみじみしました。

④スタイル美人が多くて意識が上がる

ホットヨガはスタイル美人が多くてテンション上がります!

これが心理的に1番大きい効果!(笑)

女性って憧れの姿があると楽しく通えますよね。

続けていったらこんなにきれいに伸びるのか..!と楽しみになりますね。

先生がみなさんきれいで、どの方で受けようって迷ったのを覚えています。w

⑤終わってしまえばあっという間。体はポカポカ

曲についてって最初は穏やかに、途中から激しく..と見よう見まねでやっていると、けっこうすぐ終わります。

もちろんあれだけ汗をかいたので、体はポカポカしていて、寒い冬と、冷房で冷えた室内にいる方、日常的に動くのが少ない方にいいなと思いました。

激しいスポーツでもあれだけ汗をかくことはないので、手軽にすっきりするところがよかったです。

働く女性に大人気のホットヨガ。気になるなら1番人気のLAVAでぜひ体験を

週5日働いていても、やっぱり体動かしたいー!と思ったり、体への意識をしたいなあなんて考えますよね。

自分でのマラソンやトレーニングだと挫折しがちですが、ホットヨガは予約してしまえばあとは行くのみなので

週2くらいでいい感じに通っている方が多いです。

LAVAは店舗数も最大で、だいたいの最寄り駅のそばにあるので、汗だくだくになりに体験に行ってみてください。

ちょっと汗かきすぎてびっくりしますよ。

ホットヨガLAVAで汗びっしょりになってみたい方はこちらから体験予約ができます。《ダイエットいらず》のカラダへ。

じゃあまた。

HSP才能開発サポーターなお

The following two tabs change content below.

なお

世界をエネルギーで満たす人。HSP才能開発サポーター。HSPカウンセラー兼コラムニスト。中高一貫から慶應という何不自由ない経歴で生きてきたが、社会人になってなにをしても体調を崩すようになる。ブラック会社をやめてうつ状態のどん底に陥るも、どうせこれ以上落ちないならと捨て身で、好きだった撮影を仕事にする。全国150人の撮影サークル事業に。その後も2年以上もがく中自分はHSPであると気づき、気づいた直後からおなじHSPの人の力になりたいと発信やインタビュー活動を始める。HSPの幸せに生きる方法の本出版に向け、コラム執筆、ライフインタビュー、コミュニティ開発、その他仕組みづくりとマルチに活動。「好き」を生きるフリーランス女子会の創設者。東京から福岡への移住者&2拠点ライフ。次はハワイとの2拠点。ブログと本、撮影、新しいことが好き。0⇨1の立ち上げのプロ。一緒に夢を叶えていくブログスポンサー様若干名募集中。 スポンサーはHSPマーケターのワヲンさん(@wawon_hinan)

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です