吹奏楽部ホルンパートはHSPだらけだった【14人中9人】

SHARE

吹奏楽部ホルンパートはHSPだらけだった【14人中9人】

Pocket

こんにちはなおです。

中高一貫の女子校で、5年間吹奏楽部でした。

ホルンという中音域の丸くてベルに手を入れて吹く楽器をやっていました。

このホルンパートがHSPだらけだった。

ホルンというメロディよりもみんなとなじませる楽器なことも大いに関係ありますね。

そんな話をどうぞ。

吹奏楽部ホルンパートはHSPだらけだった。半分以上

中高一貫なので、部活に中1から高3までいます。(高3は引退していてたまに顔を出します。)

関わったホルンパートメンバー14人中、自分を入れて9人はHSPでした。(なお推定)

他のパートにはこんなに思い当たらないので、ホルンだけすごいなあと今書いて感動しています。(笑)

関係の深かった先輩後輩HSPさんの様子

よくあった現象とかまとめました。

①全体的に、打ち上げでホルンだけ静かだった(笑)

今考えれば、これがもっともHSPらしかったなあと思うのが、コンクールとかの打ち上げでパートごとにお菓子を食べながら雑談しているときに、ホルンパートだけめっちゃ大人しかったです。w

隣で派手なトロンボーンやバスパート、パーカッションパートがわいわい盛り上がっている中、話題があんまり続かなくて、互いをほめあってもいえそんな…って感じで、先輩に大変な思いをさせたなあと思っていました。

みんなすごく空気を読んでいて、この人だらけの中なにを話せばいいんだろう…という感じでした。

②よっぽど真面目なパートだった。協調性がすごい。交換日記も真面目

ホルンパートは代々すっごく練習家で、全員すごくいい子でした。

他のパートにはやっぱりちらほらサボる人とか、あんまりこなくなる人とかもいたのですが、ホルンは全体的に出席率もよかったし、とにかく真面目でした。

自分が先輩になったときは指導よりもしゃべってもらうことのほうが全然大変で、できる限りいろいろ聞いていた覚えがあります。

1人でもみんなずっと練習しているし、パート練もすごく協調性があって、あんまり荒れたことがありません。

パートで練習共有と交友をかねて回す交換日記も、どの人も必死に文字をたくさん書いていた気がします。

③先輩HSPさん。すっごく人間関係上手。神だった

一個ちがいの先輩や後輩とは5年ともにするので、すっごく関係が深くなります。

もっともお世話になった一個違いの先輩が、今考えればたぶんHSPでした。

指導が中2のときから超的確で、いつもリーダーの立場にいて、みんなをまとめていて、すごく立ち回りの上手い人で、技術以外でもすごく憧れでした。

この先輩はHSPとしては珍しいくらい自己主張もちゃんとできる方で、ソロを勝ちとったり1番いろんな曲で活躍したり、もっと上の先輩のだれからも信頼されていて、なんかもう欠点がないです。

HSPかな?って最近考えて気づいたのは、役などで忙しくなると体調を崩す回数が結構多かったなというのと、色も白い、すごく真面目、とにかく優しくて気がきく、嬉しくても悲しくてもよく泣いている姿をみたりしたことからです。

あと、音感もすごくよくて、曲を聞いてそんなこと気づくの?ってことまで言及していました。

あんな感じの自己肯定感いまだにすごく憧れです…。

④後輩ちゃんたち。だいたいHSP

後輩には3人HSPさんがいました。

みんな色白。

意見を言う時に緊張しているんだろうなというのが伝わってきたのと、みんなすごく空気を読んでいるのがわかりました。

この感覚があったからこのあたりはすぐHSPだろうなとわかりました。

がんばりやさんばかりでした。

あとよくなにか持ちかけると微笑んでくれて救われました。

比較的大人しめな子が多かったです。そのうち2人は同じアイドルグループが大好きで、どちらも超おっかけていました。

(この2人と先輩はHSPHSSさんかなあと思う)

居心地がよかった理由がわかった…HSPが中心のパートだった

ホルンパートはすごく居心地がよくて、その理由がわかりました…。

HSPを中心とした社会だったんですね…!

入ってから引退まで、ずっと楽しくて熱中していました。

なんかこう考えると、ホルンパートになってよかったなあなんて思いました。

あなたのまわりの音楽仲間にもいますか?

じゃあまた。

HSP才能開発サポーターなお

The following two tabs change content below.

なお

世界をエネルギーで満たす人。HSP才能開発サポーター。HSPカウンセラー兼コラムニスト。中高一貫から慶應という何不自由ない経歴で生きてきたが、社会人になってなにをしても体調を崩すようになる。ブラック会社をやめてうつ状態のどん底に陥るも、どうせこれ以上落ちないならと捨て身で、好きだった撮影を仕事にする。全国150人の撮影サークル事業に。その後も2年以上もがく中自分はHSPであると気づき、気づいた直後からおなじHSPの人の力になりたいと発信やインタビュー活動を始める。HSPの幸せに生きる方法の本出版に向け、コラム執筆、ライフインタビュー、コミュニティ開発、その他仕組みづくりとマルチに活動。「好き」を生きるフリーランス女子会の創設者。東京から福岡への移住者&2拠点ライフ。次はハワイとの2拠点。ブログと本、撮影、新しいことが好き。0⇨1の立ち上げのプロ。一緒に夢を叶えていくブログスポンサー様若干名募集中。 スポンサーはHSPマーケターのワヲンさん(@wawon_hinan)

2 Comments

ホルン

こんにちは。HSPで検索して読んでいたらホルンが出てきてびっくり楽しく読みました。
ホルンという楽器こそが繊細で合わせる役割が多いですものね。そしてそれが楽しいと思える私たちホルン族です。主張するより合わせる方だったと思います、楽器的にも皆の人柄的にも。ほんわかしてた。
またそんな空間で過ごせたら居心地良いだろうなと思いました。
他の記事もとても参考になります。ありがとうございます。

返信する
なお

ありがとうございます!まさかHSPのホルンの方からコメントいただけると思っていなかったのですごく嬉しいです!!
そうなんです、合わせるのも楽しいんですよね!!ほんとに、居心地いい空間ですよね。
記事読んでくださって、こちらこそありがとうございます!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です