HSPの人が、人に頼れない、がんばりすぎをやめる本【もう疲れた、助けて。】

SHARE

HSPの人が、人に頼れない、がんばりすぎをやめる本【もう疲れた、助けて。】

Pocket

こんにちはなおです。

HSPのわたしたちって、

遠慮しちゃって人に頼るの苦手ですよね?

あと、常々がんばりすぎますよね?(笑)

わたしも24年間そうでしたが、そうし続けた結果、苦しくて、うつになって、

徐々にそういうのをやめることにしました。

今は、いかに日々手を抜くかを考えて生きています。(笑)

そうすると、ものすっごく生きやすくて楽しい上に、

自分の苦手なことや、できないことは、それが好きな人がどんどんやってくれるんですよね。

手を抜くことは、周りの人の輝く舞台を用意することなんだと気づきました。

こうなるまでに、いろんないい本にお世話になりました。

人に頼れるようになりたい!もうがんばりたくない!あなたに読んでほしい本をまとめました。

HSPの人が人に頼れない・がんばりすぎる、をなくす本

たくさんいい本はありましたが、どうしても読んでほしいのは以下の2冊です。

①「好きなこと」だけして生きていく。

この本は、がんばり屋さんに読んでほしい。

がんばるの、もう苦しいんだけど。って思うかつてのわたしみたいな人に読んでほしい。

中学受験をして、小学生からずっと勉強し続けて、ずっと吹奏楽部で毎日練習してきました。

大学でも、たくさん海外プログラムに行って、人気ゼミに入って、インターンして、どこでも頑張っていました。

入った会社で、薬を400錠飲みながら、うつになるまで頑張っていました。

そのあとも、生計のためだけに、これっぽちもやりたくない仕事をいくつもし続けました。

そのかたわら、自分の事業もしていました。

またうつになりました。

もうこのあたりで、「わたし、こんなに、人生ずっと、がんばってきて、あとまだ、何年、いったいどこまで、がんばらないといけないの?」と思っていました。

これが24年間がんばりつづけた私の本音です。

典型的な頑張り屋さんで、これ以上ないほど頑張ってどっかで限界になる人の気持ちが痛いほどわかるから、

だからがんばらなくていいよってブログでもツイッターでも発信しているのです。

(もちろん、がんばるのが大好きなんだ!という人はどうぞ続けてください。

ただ、がんばらなくていい世界が隣にあるんだということだけ、あなたがつらくなったときのために、頭の片隅に置いておいてください。

25歳からの、HSPだと知ったあたりからのわたしは、徐々にがんばらないことをしました。

  • 親に泣きついて甘えました。
  • 人に散々迷惑をかけて、いろんなことを教えてもらいました。
  • ブログもツイッターも、好きにすることにしました。
  • 嫌いな人は、どんどん切りました。
  • なにもできないから、助けてー!とたくさんの人に言いました。
  • ブログを書きたくない日は休み、返事をしたくない日も休みました。
  • だれよりもだらけるようにしました。

そうすると、気づいたら、周りは優しくて好きなことをしている人ばかり。

応援してくれる人ばかり。

気づいたらほんとうに好きが仕事になっていて。

あれ?このほうが、楽しい。居心地がいい。

今の方が、(そんなふうに迷惑かけあっている)周りの人も楽しそう。と思いました。

この本に書いてあることは、

もっと人に迷惑をかけよう。

(わたしたちの考える迷惑なんて超しょぼいです、相手は覚えてすらいません笑)

もっとわがままを言おう。

(上に同じです。 自分がわがままいったくらいで周りがどうにかなると思ってるあなた、どんだけ自分のこと過大評価してるんですか笑

なにも変わらず、あなたが生きやすくなるだけです。)

もっといやなことをやめて好きなことだけしよう。

(好きなことをしないと、ばちがいっぱいあたります。人生がハードになって、いろんな形で、だからさっさと好きにすればいいのに、と言ってきます。)

こういうことが書いてあります。

読むと、いままで頭の中で遠慮していたことが、ほんとバカバカしかったなって笑えてきます。

で、とっとと罪悪感は捨てて、人に頼りまくって、好きなことを、好きな人としよーでいいんだと思えます。

②つらいのに頼れないが消える本

上の本を読んで、そうか、わがまま言ってもいいんだ、頼ってもいいんだ。となると思います。

とはいえ、いいのかな… とじゃっかん気後れすると思います(笑)

そんなときとどめの1冊です。

受援力。

周りから助けてもらえる力を受援力といいます。

この力を教えてくれる本です。

わたしたちは、人に頼むのは躊躇しますよね。

それなのに、自分が頼られると嬉しくありませんか?

たとえば、友達から、「相談したいことがあるんだけど、信頼しているあなたに聞きたくて。」

こんなふうに言われて嬉しかったこと、だれしも一度はあるでしょう。

これ、そのまんま、相手にも当てはまるんです。

相手も、あなたから頼られると嬉しいんです。

人に頼るのをためらったら、あなたが人に頼られて役に立てた気がして嬉しかったことを思い出しながら頼りましょう。

頼ることで互いの信頼を高めて、もっと仲良くなれるんです。

大いに頼って下さい!

これ読んでるだいたいの方はしっかり者なので今まで頼られることのほうが多いはずです。

帳尻を合わせるじゃないけど取り返すかのように、ちょっとうーんてなったときから、

なんならこれあとあとわかんなそうだな、と感じた時点で、早々に人に頼ってください。(笑)

人に頼ると、自分がいろいろ調べたり悩んでたことが、一瞬で解決し、しかも喜んでももらえて、なんだ、もっとはやく聞けばよかった、とわたしもよく思ってます。(笑)

頼り上手は人を輝かせる。まずはひとつ、小さなことから頼ってみよう

わたし含めHSPも関係なく、頼りすぎな人ってまじで見たことありません。

もっと頼ればいいのに、頼ってくれていいのに、と思う人は無限にいます。

そんなに1人でやろうとしないで、もっと周りに投げてください。任せてください。

うつになるのは、例外なく、周りの優しさがそこにあったのに、1人で抱え込んで、相談しないで、疲れて、倒れた人です。

これはかつてのわたしに書いています。

ずっとあなたを気にしてくれている人、なにかできることないかなと思っている人、言っている人がいるのに、その人たちを無視しないで、

いい加減助けを求めてください。

もうだめだ、もう疲れたと思っているあなたは、全部ぶん投げて、人任せにしてください。

 

頼り上手さんは人を輝かせます。

この人のそばにいると、自分が世の中に貢献できている気になれて、とても楽しいんです。

人に頼れるタイミング(練習するタイミング)は、悩みかけた時、いつでも訪れます。

小さなことから、頼ってみましょう、言ってみましょう。

ほとんどの人が快く教えてくれるし、ごくたまに断られることもありますが、自分は自分、人は人なので、

返事くれてありがとうー!で終わりです。

世界は優しいです。

優しいので、徐々に優しいんだと信じられるように、小さな疑問とか困りごとを、友達や親にでも聞いてみるか、ツイッターにでも投げてみてください。

いっしょに頼り上手きわめていきましょー♡

 

じゃあまた。

HSP才能開発サポーターなお

The following two tabs change content below.

なお

世界をエネルギーで満たす人。HSP才能開発サポーター。HSPカウンセラー兼コラムニスト。中高一貫から慶應という何不自由ない経歴で生きてきたが、社会人になってなにをしても体調を崩すようになる。ブラック会社をやめてうつ状態のどん底に陥るも、どうせこれ以上落ちないならと捨て身で、好きだった撮影を仕事にする。全国150人の撮影サークル事業に。その後も2年以上もがく中自分はHSPであると気づき、気づいた直後からおなじHSPの人の力になりたいと発信やインタビュー活動を始める。HSPの幸せに生きる方法の本出版に向け、コラム執筆、ライフインタビュー、コミュニティ開発、その他仕組みづくりとマルチに活動。「好き」を生きるフリーランス女子会の創設者。東京から福岡への移住者&2拠点ライフ。次はハワイとの2拠点。ブログと本、撮影、新しいことが好き。0⇨1の立ち上げのプロ。一緒に夢を叶えていくブログスポンサー様若干名募集中。 スポンサーはHSPマーケターのワヲンさん(@wawon_hinan)

2 Comments

まいこ

はじめまして、こんにちは。
最近自分もHSPでは?と思って調べていたら、なおさんのブログにたどり着きました。
私は今いろいろ悩んだりとか、これからどうしていこうかなと思ったりしてます…ほんとはフリーランス的な感じで生きていきたい‼︎
なおさんのブログを読みつつ、HSPのことや自分のことや自分の才能なんかを知ったりしていければと思ってます。
これからも、ブログ楽しみにしてます\\\\٩( ‘ω’ )و ////

返信する
なお

まいこさん、うれしいコメントありがとうございます。フリーランスはこれからどんどん増えるので、ぜひチャレンジしてみてください。
HSP才能インタビューのところがまいこさんの知りたいことの参考になるかなと思います。もしよかったら読んでみてください。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です