移住の理由となった価値観:大きく捨てないと大きく得られない

SHARE

移住の理由となった価値観:大きく捨てないと大きく得られない

Pocket

こんにちはなおです。

移住してからたった1ヶ月半で、人生が劇的に変わっていっているのを感じています。

わたしが人生つねに思っていることに「大きなものを捨てないと大きなものは入ってこない」という価値観があります。

その価値観をかたちづくった背景と、東京という環境を捨てて移住してなにを得たかと、について書きます。

なにか大きな決断をしたい人の勇気になれれば幸いです。

プロフィールかのような超長文です。

なにかを得たのは、いつもなにか失ったあとだった

人生を振り返ると、なにか大きく成長できたなと感じたり、新しいチャレンジができたのは、なにかを失ったあとだったなと思います。

失うことはつらいけど、そのあとに必ず、それまで以上にいいものが入ってきました。

失って⇨得て⇨また失って⇨また得て

人生ってこの捨てると得るの繰り返しだろうと思っています。

 

人生の最初の挫折は、東大に数学ができなくてあと10点で落ちた時です。

努力でどうにもならないことがあるのだと、わたしはこのときはじめて知りました。

でも、それ以上ない努力をしたからなんの後悔もなかった。

慶應に入ったらすぐ、「いままで勉強部活でできなかったことを、おもいっきりやりたい」と思えました。

そうして、世界最大の国際団体アイセックに、なんの経験もなく熱意だけで入ります。

 

1年の夏、アイセックのインターンでインド滞在時、なにも話せない、言いたいことも言えることもまだなくて、「なおはなにも話さないね。」といつも言われていました。

そんなふうに、ほかのサークルでも全部挫折します。

テンションの高い人たち、先輩、クラスの人と話すのが、どれも苦手でした。

苦手なのに飛び込むから陰口もたくさん言われました。

 

そうやって大学でもなじめずに逃げて、居場所がなくて、外に出ました。

なんとなくできるかな楽しそうと参加したヒッチハイクの企画。

これがわたしの人生を変えました。

はじめて、大学に関係なく、自分の好きなことをしている、楽しい人たちと出会いました。

こんなふうになりたい、この人の世界が見たいと思った人がいて、そこから、海外プログラム、イベント、インターン、かぞえきれないほどの経験をしました。

はじめて、大学生って楽しい、世界って楽しいと思えました。

 

でも、楽しかったけど、小さい頃からずっと空虚でした。

なにをしても満たされなくて、没頭できるから勉強をしていた気がします。

その間だけは満たされない感情と付き合わずにすみました。

いくらプログラムに行っても、だれとなにしても満たされない。

いつも俯瞰して冷めている自分がいました。

なにか女の子のイベント作りたいと思ったけど、なに不自由ない環境の中で、あまりに弱い思いでした。

なにも作れないまま、ただ体験を消費してときが過ぎました。

 

新卒で得た経営企画のポスト。現実は19連勤。ひたすら体を壊した

新卒で、200人のうち3人しかつかないポストに配属されました。

そのなかで2人と1人にわかれているので、実質わたしは部署1人です。

ちょっといい気がしていたけど、休めない、終電になる、帰ってからも仕事する。

5ヶ月耐えて、だれの前でも涙が溢れるようになって、営業に異動します。

でもほんとうはもう気力なんて残っていませんでした。

営業に行ってから、もっとひどくなりました。毎日だれかが怒鳴られる。怖い。

7ヶ月で会社に行けなくなって辞めるまでに、パブロンの瓶が400錠なくなりました。

 

初めてピカピカの肩書きをなくす。じゃあなにがしたい?

生まれてからずっと頭がいいと言われ、ピカピカの肩書きを持っていたけど、はじめてすべてなくしました。

そこでやっと自分と向き合う時間。

これ以上悪くなんないんだから、わたしはなにがしたいの?

それやってみりゃいいじゃん。失敗したってこれ以上悪くならないよ。

やりたかった、撮影を仕事にするをやってみる。

 

最初は反響ゼロ。すぐに150人になり、東京、大阪京都、福岡拠点で開催した

当然最初は反響ゼロ。

違うなと変えてみて、女子会形式で開催する。DMでお誘いする。

150人入ってくれ、人数の多かった東京、大阪京都、福岡の3拠点で撮影会を開催した。

人生で2番目にありがとうをもらっていた。

なおちゃんまた来てと言われ、帰る場所が増えた。

 

結局倒れる、バイトしても倒れる。なんで?

ほとんど1人でやっていた。

兼業で週5セラピストもしていた。

当然倒れて、なにも開く気力もなくなった。

それ以降1年くらいに渡ってバイトを転々とする。

なにをしても、月に10日くらい熱が出る。

生き地獄だった。

なんで?なんでまともに働けないの?

 

わたしって敏感だったんだ。HSPなんだ。

東京1忙しい百貨店の仕事で心身が半分壊れたとき、本で自分はHSPだと知る。

やっと、やっと、なにをしても体調を崩す理由が理解できる。

そんなふうに思ったことなかった。でもわたしって敏感だったんだ。

このときすでに限界を超えながら働いている。

休んでも心身がまったく回復しない。助けて。

親にHSPだと打ち明ける。

もう東京では刺激が無理だと思うと必死に伝える。

どっか静かなところに住みたいと懇願する。

限界を超えながらも、3ヶ月なんども倒れながら勤務を終える。

場所は意外とすんなり決める。

やっと、やっと移住。

 

移住したら、静か。息が吸える。

人を見なくてよくなった。

東京で働いているまわりのことを気にしなくてよくなった。

ごちゃごちゃした環境から解放された。

意外と普通だと思っていたのに、変化は速かった。

ためらっていたけど、心に従ってジムに入った。

体が嘘のように軽くなる。

 

移住前にHSPのお茶会に行っていた。

そこでもらった「HSPの星よ。」の言葉を反芻しながら

なにができる?なにがしたい?を繰り返す

わたしは、HSPの人が、自信を持って、「自分の好き」の方向に行動していける、きっかけになりたい。

悩んでいるHSPの人が読んだら自信が持てる、HSPの才能をインタビューした本を出したい。

そうして本格的にはじめたブログとインタビュー。

実はこれで100記事になった。

集中できると、速いんだ。

週で3000人くらい読んでくれてる。

なんだかコメントがたまった。いつも記事がどこかでシェアされる。

やったことのないアドセンスとアマゾンアソシエイトも1000円ずつを超えた。

インタビューも、14人になった。

でも、人数より、ありがとうと反響と、おなじHSPさんと心を通わせることがなにより嬉しい。

 

これが天職だ。わたしはブロガー?

これが天職だと最近日々感じる。

でももう一歩進んだ。

わたしはブロガー、アフィリエイターのどちらか、あるいは両方だと思っていた。

でもなにか足りなくて。

HSSの情報がなくて困ると言われた。

ないなら作ろうと思った。同じことで困っている方はたくさんいる。

そうして今、オンラインコンテンツを作っている。

紹介するだけじゃなくて、やっと、ずっとやりたかった、自分で商品を作れる。

ほんとうにいいと思えるまで、自分で作り込める。

ふと、みんなを集めたら楽しそうだなと思った。

HSS女子会議を作った。

その日と次の日、素敵、と、来たい、というコメントが来た。

もうすでに嬉しい。

 

移住して、天職とたくさんの仲間を得た

移住して、東京の、いつも会いたいと思う人たちがいる環境を捨てた。

実は移住にもっと前から興味があった。何年もためらった。

そのくらい人が大事だったけど、大きく変えないとなにも入ってこないと思った。

この決断のおかげで、移住して、やりたいことを思いっきりやれるようになった。

そうしたら、人生が急スピードで進んだ。

思いの向く方向に動いていた。

いつのまにか、横を、前を、後ろを、走っている仲間ができた。

いつも、したいことをしていると、いつのまにか、なにかに向かう仲間ができる。

ここからのストーリーはどんなふうに続くだろうか。

 

 

現代人は忙しいから、先になにか捨てないともうなにも入らない。

余白がない。

これ以上いれないで、捨ててみて。

今1番足かせになるものを捨ててみて。

その決断はあなたを悩ませるだろうけど、その先には必ず、

捨てたもの以上のいいものが入ってくるから。

 

じゃあまた。

なお

The following two tabs change content below.
なお

なお

【あなたの才能と本質と進むべき方向性を一瞬で見抜き、ライフワークとソウルメイトへの出会いを最短最速にし、幸せへ一気にガイドします。】 会ったらたった1回で人生急回転で変わるので、覚悟してきてくださいね♡ 最初の1回で本来のライフワークを定義し、本来のルートに飛ばします。 もう今こそ転機だ、飛び立ちたい!という方どうぞ。 【ちなみに、わたしと会ったリア友は全員ほぼ1年以内に転職か独立か異動。本来のライフワークの道を生き始め、若干27歳の周りにして皆全員自分のソウルメイトと繋がっています。→ソウルメイトに出会えるのは、その人本来の幸せな人生を歩いている証拠です。】 【経歴】 パズルを自ら3つ混ぜてやるような子供で、①人の魂の方向性(要するにライフワーク)②ソウルメイト同士にしか見られない「顔や文章、経歴、仕事などの完全一致」が一瞬で見えると気付いた最近、それは「組み合わせ」「形」を全て見抜く素質だったと気づきました...! 生まれつき勉強が大好きで向いていたため、中高一貫校の硬い都内女子高を卒業後、私大進学という何不自由ない経歴で生きてきました。しかし社会人になってなにをしても体調を崩すように。ブラック会社をやめてうつ状態のどん底に陥るも、どうせこれ以上落ちないならと捨て身で、好きだった撮影を仕事に。全国150人の撮影サークル事業に。その後も2年以上もがく中自分はHSPであると気づき、気づいた直後からおなじHSPの人の力になりたいと発信やインタビュー活動を始める。カウンセラー、コラム執筆、ライフインタビュー、コミュニティ開発、その他仕組みづくりとマルチに活動をしてきた。その間で「好き」を生きるフリーランス女子会の創設者。日本で1冊目のHSPHSS本、「HSPHSSあるある50選」等アマゾンで好評発売中。元、東京から福岡への移住者&2拠点ライフ。1年で移住に満足し埼玉東京に戻る。 【現在】その後HSPよりもっと広い世界で活動がしたくなり、ホロスコープやエネルギー、魂の方向性を見ながら「この方向にしかならない」とガンガンアドバイスする今のスタイルに至ります。聞いた方は本来の自分の姿を見ることになるのでほっとして喜び、目が輝きます。人は本質と合っていないこと、本質と合っていない相手とはどんな方であろうと続けることができません。その意味で何十年も無駄に過ごすことなく、最短最速であなたのライフワークとソウルメイトに出会って欲しい。そのためのあなたの本質を1回で読み解きます。私はあなたが何を話すかにかかわらず、最初からあなたの魂しか見ていません。同時通訳で本音が聞こえています。ですから本当に合っているものだけの方向にガイドします。あなたはあなたが思っている100倍すごいので、想像を超える未来のシナリオを伝えます。自身も周りのスピリチュアル・ビジネスそれぞれのガイドたちのおかげであっさり会社員時代の収入を超えたので、ライフワークで幸せに豊かに生きられるよ!とそういう人の輩出に向けて動いています。人を見守ることがもはや趣味ですw 好きなものは投資、国際経済、アドバイス、ソウルメイトを繋ぐこと、合いそうな人を繋ぐこと、インタビュー、海外旅行、おいしい海外系のレストランに行くこと、読書、いい音、花束、5つ星ホテル。 【未来】未来が見えるマイガイドによると将来は文筆業で青い海の見える場所にいる。大好きな方たちとある国でリーダー輩出のプロジェクトで働いているそうです。日本と縁が薄めですw知的好奇心を満たすことと世界中をこの目で見て感じること、人が魂に戻りどんどん美しく幸せになっていく様を見守ることが生き甲斐です。世界中の全ての人がライフワークとソウルメイトに出会い、幸せとエネルギーが行き交っている世界を作りたいです。将来は事業と投資両方ができる幸せで豊かな女性を育成する財団と、生涯学習ができ自分の「好き」と「一生の仲間」に出会える学校を作ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です