HSPが体調不良の時の休み方まとめ10選

SHARE

HSPが体調不良の時の休み方まとめ10選

Pocket

こんにちはなおです。

HSPの人ってちょっとしたことで体調不良を起こしやすいですよね。

例えばこんなようなこと。

  • いつもよりちょっと眠れなかった
  • 低気圧
  • 移動が多かった
  • 予定が続いた
  • 人と会う時間が長かった
  • 泊まりがあった

これを書いているわたしもフライトを伴う帰省で疲れ、かぜとかいろいろ合わさって1週間くらいベッドから出られずにいます。

症状にかかわらず、とりあえずめっちゃしんどい!動けない!という体調不良の時の、

「極力刺激を受けずに休む」休み方についてまとめました。

(事前に体調不良を防ぐ方法のほうが知りたい方は、【HSP、体調を崩しやすい】を少しでも改善する方法まとめ

も合わせてどうぞ。)

HSPが体調不良の時の効果的な休み方

HSPの体調不良のだいたいの原因は、「刺激過多」です。

例えばこんなようなイメージ。

  • 人と3時間くらい話して疲れ果て、帰ったら熱が出る
  • 旅行で電車を乗り継いで移動し、帰ったら疲れて寝込む

本人的にはそこまで感じていなかったとしても、敏感な神経は受け取る情報すべてを刺激だと感じ取っています。

(とくに、人、移動、泊まりとかはいつもと違うことだらけでめっちゃ情報多いので、体調不良の大きな原因です。)

つまり、休むときに必要なことは、この刺激過多でやられた心身に、極力これ以上の刺激を与えずに休ませること。

そのために必要なことを書いていきます。

①なにがなんでも1人になる

まずは1人になりましょう。

よっぽど理解のある看病してくれる人がいるという場合をのぞいたら、1人のほうがいいと思います。

近くに人が存在しているだけで、HSPの神経は刺激を感知し、それだけで疲れてしまうからです。

どうしても外せない予定がある方も、その予定以外の時間は完全に1人でいて、すべてを遮断して休みましょう。

1人で場所も極力自分の家にしてください。

カフェとかは人の気配があるし、完全にだらけた格好もしにくいと思うので疲れるし刺激になります。

②光を遮断。カーテンをしめる・明かりを消す

部屋にいるときは、とにかく光を遮断しましょう。

体調悪い時って、カーテンから差し込む光がまじできつくないですか?wなんか殺人的ですよねあれ。

わたしは照明もオレンジの電球1個です。

(蛍光灯は刺激が強いので覚醒しやすくおすすめしません。できるだけオレンジの小さいのに変えましょう。)

4つも窓がある部屋なのですが、遮光カーテンをつけていて具合悪いときは全部閉めています。

カーテンが薄いとかまぶしい方は、いますぐアマゾンで遮光カーテンを買いましょう。

(↓買って眠れるようになったおすすめ遮光カーテンを紹介しています。)

HSPは眠れないなら、遮光カーテンを買おう【眠り浅い私がぐっすり熟睡】

朝だからって無理して開ける必要なんてないので、体調が回復して日の光を浴びたくなる時まで閉めましょう。

寝なくても薄暗いくらいのほうがベストです。

最近はずーっとこの理由でカーテン開けずにいます。

③スマホ・パソコンはできるだけ見ない。見ても光を落とす

スマホやパソコンは情報の刺激と光の刺激で疲れるので、できるだけ見ないようにしましょう。

とはいえわたしはこれ以上寝れない状況ならベッドでスマホで本を読んでいるので、完全にはできていませんが..。

(本も、こういうときはできるだけ紙のほうが刺激低くていいです。)

見ていてつらくなってきたらいったん目を閉じるとかしてください。

返信とかタスクとかもすべてが刺激になるので、絶対今日返さないと死ぬみたいのでないかぎり、全部放り出しましょう。

通知切りましょう。

回復が第一です。

今はだいたい放り出してます。

あと、けっこう大事だなと思うのが、スマホとパソコンの明るさ。

部屋の明るさによって快適な画面の明るさも変わるので、眩しい、頭にくる、ふらふらすると思ったら光を落としましょう。

わたしはパソコンなら明かり1(最小。ゼロだと真っ暗ですw)、スマホもだいたい、これ以上明かりを落とせない左端ですw。

④電車はまじで乗らない

ほんとうにできるだけ、電車には乗らないでください。

辛さ倍増します。悪化します。

体感では、徒歩とか自転車とかよりも悪化するなと感じていて、

なんでかと考えたら、電車って情報量(刺激)めっちゃ多いです。

その前後に人の多い駅を歩いているし、移動もしてるし、微妙な揺れも感知してるし、人の声も存在も色も入ってきます。

音もします。空気も悪いです。じゃっかん匂いもあります。座れるかもわかりません。

あと乗り物なので酔いやすかったりもします。

この時間に乗らないと、ここで降りないとみたいな緊張もあります。

こんなような理由で電車はあらゆる刺激でめっちゃしんどくなるので、やめましょう。

⑤自然になにかしたい気持ちが出てくるまで、休み続ける

HSPの体調不良は、本人の予想以上に長引くこともよくあります。(今のわたしですw)

本人が思っている以上に神経は刺激を感じ取ってしまってという状態なので、これはしょうがないです。

そのときに、もうこれ以上休んだら、とか、あれやらないと…なんて無理をしてしまうと、また悪化します。

1週間でも1ヶ月でも、元気になるまで休みましょう。

完治していない時は不思議と外も出たくないし、たいしたことしたくならないものです。

なにか思い浮かんだ時は、今これやりたい?と心に聞いてみて、いや…という感じのときはまだ治っていないので、やめましょう。

元気になると、また遊びたいなとか外出たいなと自然と思えるようになります。

無理をする感情ではなく、ほんとうに自然な気持ちでなにかやりたいと思えるまで、いくらでも休みましょう。

⑥何時間でも寝る(朝が体調きついならそのまま寝てる)

なんか思っている以上に寝てばっかりみたいなこともあると思うのですが、

体的にはすごく正しいので、寝るに任せましょう。

座った姿勢できついと思ったら何時でもベッドに戻りましょう。

無理に起きないでください。

わたしは今トータルで半日くらいしか起きてない気がします、なんか寝ても寝ても眠くて体がなにかを治してる感じです。

本読もうとして寝て読もうとしてまた寝てみたいのを繰り返してますw

寝すぎて死ぬことはないので、いくらでも安心して寝ましょう。

あと、これは他の人もそうなのかわからないのですが、1日の中でも朝とか午前中ほど体調悪いので、体調悪いときだけ起きるのが午後みたいになります。

こんなふうに、この時間がとくにきついというのがあれば、その時間は無理して起きずに寝ましょう。

⑦起き上がれない・寝付けないほどきつければ風邪薬に頼る

つらすぎて起き上がれない、寝付けないことがけっこうあって、

そういうときは風邪薬に頼ります。

たぶんそういうときのためのものな気もするので、我慢しすぎず頼りましょう。

(HSPは自分の内部感覚にも敏感なので、人より痛みや辛さも感じやすいです。)

もちろん病院に行くのもいいと思います。

常備薬があると心理的にも安心かと思います。

今は薬を飲むべきか…という葛藤をよくしてしまうのですが、

それを考えるくらいにつらいなら結局飲む羽目になるので、

あまり考えずに飲むことにしましたw

葛藤すると余計疲れると思うので、体力もったいないので、頼る時は頼りましょう。

⑧体温計を常備しておく

体温計を持っておくと、数値で体調を把握できるので安心です。

HSPはなぜか自分の不調には鈍感というのがけっこうあり、部分的にわたしも当てはまります。

そんなときでもちゃんと教えてくれるので、なんかおかしい…?と感じたらまずは熱を計ってみましょう。

自分が何度から不調を感じるのかだんだんわかってきます。(個人的には36,7以上だといつも体調不良ですw)

⑨加湿器をつけておく・マスク(とくに、のどがやられやすい方・冷暖房をつける季節)

のどが弱めな方、のどから風邪をひきやすい方、加湿器買ってください!

これつけると全然違います…!

というか、たまに水が切れたりして実質つけずに寝てしまうとのどがやられるので、もう手放せないやつです..。

夏と冬はとくに、冷暖房で部屋がめっちゃ乾燥します。

そういう時期にはつけておいたほうがいいし、のどがやられている最中ならましてやって感じです。

(↓おすすめのワンルーム用の加湿器を書いています。)

部屋の乾燥でのどが痛いので加湿器を買った話【移住後の悩み】

あとはマスクして少しでも楽にしましょう。

100均とかでいっぱい売ってます。

⑩冷えピタを常備しておく

冷えピタは便利なのでおすすめです。

熱あるときもだし、なくても頭痛いときとか気分悪いときとかにも効果的です。

冷たくて気持ちいいしリラックス的にもよいのでぜひ常備しておきましょう。

いっぱい休もう

結論、無刺激でたくさん休もうねという感じです。

普段から受け取っている情報が多いので、休みもふつうの人以上にたくさん必要になります。

体調悪い…と思ったら、自分の感覚だけを信じて、まわりの声は聞かずに、思いっきり休んでください。

(事前に体調不良を防ぐ方法のほうも知りたい方は、【HSP、体調を崩しやすい】を少しでも改善する方法まとめ

も合わせてどうぞ。)

じゃあまた。

HSP才能開発サポーターなお

The following two tabs change content below.

なお

世界をエネルギーで満たす人。HSP才能開発サポーター。HSPカウンセラー兼コラムニスト。中高一貫から慶應という何不自由ない経歴で生きてきたが、社会人になってなにをしても体調を崩すようになる。ブラック会社をやめてうつ状態のどん底に陥るも、どうせこれ以上落ちないならと捨て身で、好きだった撮影を仕事にする。全国150人の撮影サークル事業に。その後も2年以上もがく中自分はHSPであると気づき、気づいた直後からおなじHSPの人の力になりたいと発信やインタビュー活動を始める。HSPの幸せに生きる方法の本出版に向け、コラム執筆、ライフインタビュー、コミュニティ開発、その他仕組みづくりとマルチに活動。「好き」を生きるフリーランス女子会の創設者。東京から福岡への移住者&2拠点ライフ。次はハワイとの2拠点。ブログと本、撮影、新しいことが好き。0⇨1の立ち上げのプロ。一緒に夢を叶えていくブログスポンサー様若干名募集中。 スポンサーはHSPマーケターのワヲンさん(@wawon_hinan)
HSPさんを対象に、HSPさん専門電話相談を行っているので、相談したい!聞いてほしい!という方はぜひいらしてください。通話で行っているため、全国どこからでも可能です。 おなじHSPのカウンセラーにいつでも相談できる・話せる場所としてお気軽にご利用ください。 HSPさん専門、電話カウンセリング【全国どこでもOK!悩みを解決して幸せに生きよう】

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です